ハゲに効く食べ物

育毛・薄毛と珈琲の関係。コーヒーがAGAの原因物質を除去する?

投稿日:

「コーヒーを1日に4杯以上飲む人は長寿な傾向にある」

「コーヒーには認知症や糖尿病を予防する効果がある」

「コーヒーの脂肪燃焼効果はダイエットに繋がる」

などなど、コーヒーにはいろんな健康効果があることで知られています。

日本は世界的に見てもコーヒーの消費量が多い国。日常的に珈琲を楽しんでいる人たちも多いでしょう。

このコーヒー、確かに適量を飲み続ければ健康効果を得られそうですが、薄毛やハゲを改善ようなメリットはあるのでしょうか?

それともコーヒーを飲み過ぎると、薄毛やハゲのリスクは上がる??

今回はコーヒーと育毛や抜け毛の関係について詳しく説明したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーの育毛に対するデメリット

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種や、覚醒作用を持ったカフェインが多く含まれています。

確かに健康に良い作用もありますが、健康に悪影響を与えるという説や研究結果も存在します。

まずは、コーヒーが育毛に悪影響を及ぼすかもしれないデメリットを紹介します。

珈琲は亜鉛の吸収を阻害する

亜鉛は育毛に効果があるミネラルとして知られていて、多くの育毛サプリメントにも含まれている、髪の毛にとってとても大切な栄養素です。

実はコーヒーに含まれるタンニンには亜鉛の吸収を阻害する作用があります。

もし毎日コーヒーを愛飲しているとしたら、結果日常的に亜鉛が不足してしまう可能性があるでしょう。

慢性的な亜鉛不足が薄毛を引き起こす可能性も否定できません。コーヒー好きな人は、育毛サプリメントなどで意識的に亜鉛を摂取するといいかもしれませんね。

珈琲は身体を冷やす

コーヒーはもともとは南国の飲み物で、身体を冷やす効果があります。そのため、冷え性の方は飲まない方がいいともいわれています。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用だけでなく血管の収縮作用もあります。

血管が収縮すれば血流が滞るので冷え性の原因になりますし、頭皮の毛細血管が収縮すれば薄毛や抜け毛の要因にもなるでしょう。

特にアイスコーヒーは飲み過ぎない方が良さそうですね。

就寝前の珈琲は眠りを浅くする

コーヒーを眠る前に飲むと、髪の毛の健康によくありません。

就寝前のカフェイン摂取により眠れなくなる、あるいは眠りが浅くなるといった悪影響があります。それが成長ホルモンが分泌される睡眠の質を悪くし、結果的に薄毛につながる可能性もあります。

同じ理由で就寝前のお酒も厳禁。お酒を飲むとよく眠れるなんて聞くけれども、実際の影響は真逆。たとえ眠ったとしても、体内ではアルコールの分解でフル活用状態。これじゃあ、深い眠りなんて出来るわけない。

なのでコーヒーやアルコールは就寝前には飲まないようにしよう。

どうしても飲みたいのなら、夕方以降は飲まないように気をつけることが大切。最低でも眠る3時間以上前に飲むようにしましょう。

砂糖入りのコーヒーは抜け毛を引き起こす

砂糖の摂りすぎは育毛に良くありません。

砂糖を摂りすぎると、体内で育毛に大切なビタミンやミネラルが消費されてしまうからです。

特に注意が必要なのが、手軽に飲める自動販売機の缶コーヒーです。

缶コーヒーには砂糖がめっちゃ入っています。平均すると190mlの小さ目の缶で、角砂糖3個以上!!

もし仕事の合間に缶コーヒーを飲む習慣があるとしたら、ブラックを選ぶのがオススメですね。

コーヒーの育毛に対するメリット

珈琲は血行を良くする

コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが血行を良くする作用があります。またカフェインも血管の拡張作用があり、抹消血行を促進する作用があります。

頭皮の血行がよくなれば、健康な髪の毛を作り出す助けとなるでしょう。

先ほどカフェインには身体が冷えて血行が悪くなる作用がある、と紹介しましたが、それと同様に血行を促進する作用も持っているのです。

脱毛ホルモンを体内に排出

コーヒーを飲むとすぐにトイレに行きたくなっちゃいますよね。

それは珈琲に強い利尿作用があるからです。

AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンは、尿と一緒に体外に排出される特徴を持っています。

なのでコーヒーの強力な利尿作用は、ジヒドロテストステロンを体外に排出するのを手助けしてくれる効果があるでしょう。

頭皮のジヒドロテストステロンに対して、コーヒーの利尿作用がどれほど効果的なのかはわかりません。ですが、飲まないよりはマシだと思います。

クロロゲン酸が肌老化を予防する

コーヒーに多く含まれるポリフェノールのクロロゲン酸には、強い抗酸化作用があり、頭皮を保護する作用もあります。

細胞の活性酸素を除去してくれるので、頭皮の細胞を健康に保ってくれるでしょう。頭皮の皮脂が参加するのを防ぐ作用も持っているので、脂漏性皮膚炎による薄毛・抜け毛にもいいかもしれません。

カフェインにはジヒドロテストステロンの作用を抑える効果がある

カフェインにはAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロンの作用を抑える効果があるといわれています。

その効果から、薄毛予防のためのカフェイン入りシャンプーなんかも作られています。

カフェインによるジヒドロテストステロンの抑制作用は、人間による実験で確かめられたわけではありません。

なので、コーヒーを飲むことがジヒドロテストステロンの抑制に必ずしも繋がるとは言い切れませんが、毎日飲み続ければ少しくらいは作用するかもしれません。

育毛に良いコーヒーの飲み方のコツ

では、薄毛・抜け毛とコーヒーの関係についてまとめてみましょう。

コーヒーのデメリット

  • 亜鉛の吸収を阻害する
  • 冷え性の原因になる
  • 睡眠の質を悪くする
  • 多量の砂糖が抜け毛の原因になる

コーヒーのメリット

  • 血行を良くする効果もある
  • ジヒドロテストステロンを体外に排出する助けとなる
  • 頭皮の老化(酸化)を予防する
  • ジヒドロテストステロンの作用を抑える効果がある

全体としてのメリット・デメリットを考えると、特に育毛に強い影響はない考えられますね。

もちろん「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、1日に何リットルもコーヒーを飲んだら身体に悪いでしょう。適量を楽しむのが大切です。

 

このメリット・デメリットを踏まえたうえで、育毛に良いコーヒーの飲み方を考えてみると、下記になるでしょう。

髪の毛のためのコーヒーの飲み方

  • コーヒーに砂糖はいれない
  • 亜鉛を積極的に摂取する(育毛サプリメントがオススメ)
  • 寝る前には飲まない
  • 飲み過ぎず、適量を楽しむ

これらの注意点を守れば、コーヒーのメリットだけを享受できるのではないでしょうか。

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物

Copyright© 育毛100!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.