オススメの育毛グッズ

髪を乾かしながら頭皮をマッサージ!?スカルプドライヤーは効果があるのか?

更新日:

毎日使うドライヤーで髪を乾かすのと同時に、頭皮ケアができたらいいと思いませんか?

頭皮マッサージは継続して続けられなくても、ドライヤーなら苦も無く続けられそうです。

それを可能にするのが、ヤーマンのスカルプドライヤーです。

なぜドライヤーが発毛に繋がるのか?その秘密を紹介します。

スポンサーリンク

男性向けスカルプドライヤー!?

 美容健康機器メーカーのヤーマンは、髪を乾かしながら頭皮をマッサージできる男性向けドライヤー「スカルプドライヤー」を5月中旬に売り出す。温風を当てながら、先端に付けたシリコーン製のヘッドでマッサージすることで血行が良くなり、育毛剤やトニックが浸透しやすくなるという。価格は税抜き1万8千円。雑貨店の東急ハンズや直販サイト(http://www.ya-man.com/)で売る。

朝日新聞より抜粋

 

ありそうでなかった「育毛の為のドライヤー」が、美容機器メーカーのヤーマンから発売されます。

一見お風呂場で使うようなシリコンのマッサージグッズとドライヤーを合体させただけに見えるのですが…。

効果はあるのでしょうか?

価格は18,000円くらいになるようなので、普通のドライヤーよりはちょっと高めですね。

 

ではドライヤーと薄毛の関係について説明します。

ドライヤーは育毛に効果あるのか?自然乾燥の方が良いのか?

結論から書くとドライヤーで髪を乾かした方が、育毛には良い影響を与えます。

風呂上がりの濡れた髪はとてもダメージを受けやすい状態。だからドライヤーで乾かすことで、髪のダメージを防ぐことが出来ます。

また、濡れた頭皮が乾燥するときに、気化熱の作用で頭皮の温度が下がります。これが育毛にとっても悪影響。風呂上がりにきちんと乾かすことで、頭皮を温めて温度低下を防ぐことが出来ます。

頭皮が濡れたままで放置していると、頭皮の雑菌が繁殖してしまいます。頭皮の雑菌は炎症の原因にもなるので、きちんと乾かした方が薄毛の予防になります。

 

髪の長さにかかわらず、入浴後に濡れた髪はきちんと乾かしましょう。

頭皮が湿っていると育毛剤の浸透も悪くなりますしね。

ドライヤーの正しい使い方

まずは乾燥したタオルでもって、濡れた髪を十分に拭いて水分を取ります。これ大事。その後にドライヤーです。

ドライヤ―の基本的な使い方は、20センチ以上頭皮から離して温風を当てる、といったものになります。

近づけて乾かすと髪が熱くなりすぎてダメージになります。

また頭皮まで乾かすのは大事ですが、乾かしすぎも逆に髪や頭皮に悪いです。髪の毛の水分まで奪ってしまい、逆に脱け毛の原因になる恐れも…。

ヤーマンのスカルプドライヤーの育毛効果

ヤーマンのスカルプドライヤーは送風口のシリコンを頭皮に当てることによってマッサージ効果を得る様です。

心配なのが頭皮熱くなりすぎないか?という事。

またドライヤーを動かしてマッサージしたら重くない?ってのも気になりますね。

 

ヤーマンのホームページを確認したところ、そこらへんの心配も十分に配慮されているようです。

まず温風についてですが、普通のドライヤーが90度に対してスカルプドライヤーは最大で60度、頭皮へのダメージを和らげているようです。

また遠赤外線が頭皮の血行を促進することで、高い育毛効果を得ることが出来ます。。

先端につくマッサージブラシは自分で動かすわけじゃなく電動で、心地よい刺激が頭皮をマッサージしてくれるようです。

 

どうやら先端のマッサージ機と冷風を併用することで、頭皮をひきしめる効果があるみたい。やっぱりいくら低温とは言え、接近して使ったら熱くなりますもんね。

 

という事はこんな使い方が考えられます。

①シャンプーした髪をタオルドライ

②遠赤外線を含む低温の温風で髪のダメージを抑えて乾燥

育毛剤を塗布

④冷風と共に振動ブラシを使うことによって、頭皮を引き締める

 

育毛剤の効果もアップしそうですね。

ブラシのマッサージ効果がどの程度のものかはわかりませんが、熱くなりすぎる普通のドライヤーを使うよりは遥かに育毛効果は高そうです。

 

*ついに発売になりました!こちらのサイトで注文できます。

ヤーマンスカルプドライヤーの紹介や申し込みはこちらの公式サイトで確認できます。


☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-オススメの育毛グッズ

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.