ハゲの雑学

自宅で出来る!頭皮環境を拡大映像で確認してセルフチェックする際のポイントとやり方。

更新日:

育毛クリニックなどに行くと、専用の拡大カメラで自分の頭皮の状態を確認することが出来ます。

毛根まで汚れが詰まっているのか?

健康的な頭皮なのか?

中々洗面台の鏡の前で頭皮を見ても、自分ではわかるものではありません。

そんな確認しずらい自分の頭皮を、自宅で拡大してわかりやすくチェックする方法を紹介します。

スポンサーリンク

USBにつなげて使える頭皮専用拡大カメラ

育毛サロンで使われている、頭皮をチェックする拡大カメラ。これを家庭で使えるようにしたアイテムが販売されています。

これを使えば、自宅でも簡単に自分の頭皮を拡大した映像が確認できると思います。

その中でも代表的な商品が、PLANEX 頭皮拡大USBカメラ「スカループ」 PH003です。

パソコンのUSBに繋げるだけで使用することが出来て、撮影した映像をパソコンで確認したり管理したりすることが出来ます。

家庭用のファイバースコープ的なカメラは多数販売されていますが、値段と性能をみると、この「スカループ」がもっとも高パフォーマンスであると思います。

 

こういった拡大カメラを利用すれば、毛根まで大きく拡大して撮影できるため、自分の頭皮のコンディションがわかりやすく確認できるでしょう。

では、画面いっぱいに映された頭皮のどこをどう見ればいいのでしょうか?

頭皮環境をチェックするポイント

拡大した自分の頭皮を見てみても、どの様な頭皮が健康なのかを知らなければ判断することはできません。頭皮環境のチェックポイントを紹介します。

頭皮の色をチェック!

まずは拡大された頭皮の”色”をチェックします。

健康な頭皮は青白い色をしています。対して不健康な頭皮はピンク色をしています。普通の肌の色であったり、ちょっと赤くなっていたりもします。

健康な頭皮が青白い理由は、頭皮にある毛細血管は細いため。なので普通は青白い頭皮が赤っぽくなっている場合は、頭皮の血行が良くなっているというよりも炎症を起こしている可能性が高いです。

頭皮の色のチェックは、頭皮拡大カメラでわかりやすく正確に確認できますが、洗面台の鏡でも確認でないことはないです。是非ともチェックしてみてください。(頭頂部は無理ですが…)

頭皮の汚れをチェック!

頭皮を拡大して確認できるので、頭皮の汚れを丁寧にチェックできます。

汚い頭皮は髪の毛にフケやゴミが付いています。また、髪の毛の根元(毛根)部分が汚れで詰まっているのも確認することが出来ます。こういった汚れは目視ではなかなかわからないでしょう。

もし拡大した自分の頭皮にたくさんの汚れが付いていたら、けっこうショッキングでしょうね。でもその分、しっかりとシャンプーをしなければならない!という動機づけになるかもしれません。

頭皮環境が悪かった場合の対処法

頭皮が赤くなっている場合は炎症を起こしている可能性があります。

炎症の原因は様々で、シャンプーのし過ぎかもしれないし、頭皮が不潔で細菌が繁殖している可能性もあります。使っているシャンプーや育毛剤が肌に合っていない可能性もあるので、もし頭皮チェックで赤くなっていたら使用をいったん中止することをオススメします。

また、頭皮は髪の毛があるために紫外線から守られて、その為日焼けせずに青白い肌の色になっている側面もあります。頭皮の炎症の理由が、直射日光に当たり過ぎの可能性も考えられます。思い当たる節がある場合は、直射日光を避けたり、帽子や日傘を使用することをオススメします。

 

毛根に皮脂や汚れが詰まっていた場合や、フケについては、毎日の洗髪が重要になってきます。

頭皮の炎症も、毛根の汚れも、一番大事なのは適切なシャンプーという事になりますね。

 

正しい洗髪の方法:薄毛対策の基本!育毛剤の効果を高める正しいシャンプーのやり方8ステップ。

オススメのシャンプー:AGAや円形脱毛症にも有効なアルガンオイル配合のシャンプーを紹介。

まとめ

このカメラを使って自分の頭皮をよくチェックすることが出来れば、使っている育毛剤が自分に合っているかや、きちんと頭皮を洗えているかなどが良くわかり、育毛対策の改善点が明確になるでしょう。

育毛を長期的視点でとらえた場合、こういった自己チェックできる拡大カメラをひとつ持っていると便利かもしれませんね。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.