育毛剤の知識

育毛剤の使い方!正しく使って効果倍増させる簡単なコツを紹介。

更新日:

普段使用している育毛剤をどのように使っているでしょうか?

ただ漠然と頭皮に振りかけるだけで、おざなりにマッサージするだけではせっかくの育毛剤も効果が半減してしまいます。

育毛剤の効果を100%引き出すための、正しい使い方とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

育毛剤を使うタイミング

育毛剤を使う時期は早ければ早いほどいいです。ハゲが進行すると、まず最初に「髪の毛のミニチュア化」が始まります。髪の毛にコシがなくなり、細くなっていくのです。次第に毛母細胞は元気をなくしていってます。

育毛剤を使い始めるタイミングは、まさに髪の毛のミニチュア化が始まり始めたくらいがベスト。

ちょっと髪が細くなってきたな~。まさかなハゲる…?なんて思っている時が育毛を始める最適期間。進行してからでは、効果が出るのに時間がかかります。早い人は思春期が終わるくらいからハゲ始めます。心配なら早めに頭皮ケアを始めて毛母細胞に活力を与えましょう。

 

日常生活で育毛剤を使うタイミングは、もちろん入浴後がベスト。

入浴中に正しく洗髪して、皮脂を落とす。毛穴の汚れまできちんと洗う。入浴後の清潔で血行が良くなった頭皮に育毛剤を使えば効果倍増です。(シャンプーの正しいやり方はこちらで説明しています)

そうすることで有効成分がきちんと浸透する環境になります。そこにマッサージしながら、ゆっくりとなじませる。

朝に育毛剤を使う場合は、朝シャンはしないほうがいいです。朝シャンは髪を乾かすのも雑になりがちで髪を痛めるし、頭皮の皮脂を落としすぎるのも逆効果。なくなった皮脂を補給しようとして皮脂過剰になってしまう場合があります。朝に育毛剤を使う場合は、良く髪をクシでとかした後に塗布するくらいでいいでしょう。

用法用量を守る

「たくさん育毛剤をつければ生えるはず!」

ってそんなことありまけせん。

育毛剤は沢山つければ良いというものじゃない。説明書に書いてある使い方、例えば1日2回とか、そういった用量用法をきちんと守ることが大事。

つけすぎると、育毛剤が毛穴を防いだり、頭皮が荒れたりといった悪影響が出るかもしれない。特に医薬品に分類される育毛剤は注意が必要。医薬部外品に比べて影響が大きいので、適切な量用を守らないと頭皮が炎症を起こしたりする”副作用”が起きる場合があります。

自分のハゲに合った効果を発揮する育毛剤を使う。

育毛剤にもタイプがあります。

  • 頭皮環境を整えてふけかゆみを抑えることで育毛を促すもの。
  • 血行を促進することで育毛を促進するもの。
  • 5αリダクターゼの働きを阻害して脱毛を防ぐもの。
  • 毛母細胞を元気にするもの。

多くの商品はこれらの効果が複合的に含まれていますが、商品によって特徴はあります。

自分のハゲの原因を自己判断するのは中々難しいです。きちんと病院に行くのが最適です。

おでこと頭頂部から徐々に薄くなるのがAGAの特徴なので、そういった特徴があればAGAに効く育毛剤を使うのが良いのです。だけどAGAでもタバコを吸っていて血行不良の人とふけ症の人、肥満で頭皮が油っぽい人では、効果的な育毛剤が違ってくるでしょう。

自分に合った育毛剤を探すこと。

そしてそれには、最低3カ月は使い続ける必要があります。育毛剤ほ今生えている毛にではなく、これから生える毛に効果があるからです。

育毛剤が効果的かどうか、自分に合っているかどうかは、新たな髪が生える期間様子を見る必要があります。そんなわけで、最低でも3ヶ月は使い続けなければ結論は出せません。

よく育毛剤のキャンペーンで1ヶ月で効果がなければ返金!なんてのがありますが、どれだけ素晴らしい育毛剤でもたったの1ヶ月では効果が実感できる事はないです。

使ってみて、変に肌荒れしたりといった悪影響はないか?自分の肌に合っているか?そんなことを確かめる方が重要です。もし使ってみてひと月で効果がなければ返金、ではなく自分の肌に合わないものだったら返品しましょう。

育毛剤の効果的な使い方

  • お風呂上がりに使う
  • 1日でも早く使い始めるのが効果的
  • 用法容量を守る。
  • 自分に合った育毛剤を探す

以上の事を守れば、さらに育毛剤を効果的に使うことが出来ます。是非ともためしてみてください。

関連記事:育毛剤やシャンプーの基礎知識

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛剤の知識

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.