育毛対策

お酒が弱い人や喘息の人が絶対使っちゃダメな育毛剤、オススメの育毛剤とは?

更新日:

育毛剤や育毛トニックには、その殆どにアルコールが使用されています。

このアルコール、実は体質に合わない人も存在するんです。そんな人にとっては、アルコールの入った育毛剤が逆効果になる事も!

お酒が飲めない人にとって、アルコール配合の育毛剤を使う事の危険性について紹介します。

スポンサーリンク

アルコールを受け付けない体質とは?

居酒屋などでお酒を少し飲んだだけで顔が真っ赤になってしまう人がいます。

いわゆる「下戸」ですね。

ビール一杯だけで気持ち悪くなったり、嘔吐したり、動けなくなってしまいます。

下戸になる理由は体内にあるアルコール分解酵素の有無が関わっています。体内に入ったアルコールは有害なアセトアルデヒドに変化します。通常は肝臓にある分解酵素によって、このアセトアルデヒドを無害な酢酸に変えることができます。ですが、下戸な人はこの分解が上手くいきません。お酒を飲んで顔が真っ赤になるのも、血流にのって有害なアセトアルデヒドが全身に回り、顔の血管を刺激する為、真っ赤になるのです。

この酵素の量は遺伝で決まり、一生涯変わることはありません。下戸な人は一生下戸のまま、飲んだからといってアルコールに強くなる事はありません。

アルコールを分解する酵素は黒人や白人は必ず持っています。不思議なことに黄色人種だけ、お酒が飲めない体質の人が存在します。日本人の約半数が、お酒が弱いタイプであると言われています。

このアルコール分解酵素を持っているか判断する「アルコールパッチテスト」は、とっても簡単です。消毒用アルコールを腕の一部分に塗ってしばらく放置するだけ。お酒に強い人は何も変わりませんが、お酒に弱い人は、塗った部分が赤くなってきます。

お酒に弱い人は、アルコールを皮膚に塗っただけで、もう反応が出てしまうという事ですね。この事実だけでも、アルコール配合の育毛剤は、下戸の方にはオススメできそうもありません。

アルコールに入った育毛剤

世の中の育毛剤のほとんどにはアルコールが入っています。もちろん、普通に使う分にはそんなに弊害はないでしょう。ですが、極度にお酒に弱い人は、注意が必要です。

アルコール配合の育毛剤を頭皮に塗布しただけで、頭皮へのダメージになります。顔が赤くなったり動悸が少しだけ早くなったり、気分が悪くなる可能性だってあります。

もちろん、頭皮からの吸収で、必ずしもそんなに激しい反応がでるわけではありませんが。

 

また、喘息を患っている人も要注意。

お酒を飲むと喘息の発作が起こりやすい状態になります。それと同様に、アルコール配合の育毛剤を使った時も喘息発作が起きやすくなります。(私は喘息を持っていますが、育毛剤の塗布後に発作が起こった経験があります

喘息を良くするには、何はともあれ発作の回数を少なくするのが有効です。もし喘息を患っているなら、その症状を少しでも良くするためアルコール配合の育毛剤は使わない方が良いでしょう。

アルコールを使っていない育毛剤

お酒に極度に弱い人、喘息の人は、ノンアルコールの育毛剤がオススメです。

といっても、ほとんどの育毛剤にアルコールが配合されています。ノンアルコールの育毛剤で最も実績があり、効果が実証されているのは有名な育毛剤「BUBKA」です。

BUBKA

この新型BUBKAは業界初のノンアルコール製法でつくられた育毛剤です。

ノンアルコールであること以外にも、ミノキシジルより発毛効果があったり、脱毛原因の糖化を防いだり、頭皮を柔らかくしたり、複合的な育毛効果があります。

詳しい効能についてはこちらの公式サイトをご覧ください→厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA

 

とにかくアルコールに敏感な人は、アルコール入りの育毛剤を使う時は用法容量を守りましょう。使い過ぎは逆効果になってしまう恐れがあります。

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.